9月の野川

彼岸花が咲き始めました。
今月は神明橋周辺の生き物を丁寧に見ていこうと思っています。
湧水が流れ込んでいる水路で生き物を調べようと思ったところ、草にすっかり覆われてしまっていました。
草覆う湧水路S
1時間ほど草と取っ組み合いをした結果、ようやく水路が見えてきました。
湧水路S
アレチウリを抜くと菊芋の仲間が顔を出したりします。ヒマワリににた華やかな花です。

菊芋S
カントウヨメナも増えてきて、嬉しい事です。
カントウヨメナS



野川(狛江市)の生き物調べ

P8261339.jpgP8261342.jpgライフジャケットS
8月26日、野川(狛江市部)の小金橋で子供対象の観察会がありました。ウスバキトンボ、ハグロトンボ、アオモンイトトンボ、ギンヤンマの成虫やスッポン、ナマズの稚魚、シマドジョウなどが見つかりました。ひさしぶりにコシアキトンボのヤゴをたくさん見ました。ジャコウアゲハやハラナガツチバチなども見つかりました。
助成金をいただいて安全のためにライフジャケットを購入したのですが、試着用に置いておいても暑いためかほとんど試着してもらえません。しかたなく、スタッフのお姉さんに来てみてもらいました。サイズは子供用のため、やはり小さいですね。



アレチウリ抜き

P8251324.jpg
長雨も落ち着いたようなので、夏のアレチウリ抜きを始めました。作業前と後の写真です。この日は36℃の猛暑予報のため、早朝に実施しましたが、みるみる気温が上昇していました。

「雨の甕ワークショップ」

雨の甕WSチラシ案2WSの様子甕切り作成中ホエール竹切りP7161180.jpg甕庭完成1甕庭完成2甕庭づくり参加者









7月16日、(一財)世田谷トラストまちづくりビジターセンターにて、福岡との雨水交流会と、福岡の焼酎甕を使った雨庭作りのワークショップがありました。
当日は猛暑となりましたが、雨庭作りに関心を持つ学生さん達、地域の人たちが参加、和やかに庭づくりを楽しみました。

福岡・樋井川との雨水交流(2月28日)〜雨水タメルンジャーがやってきた!〜

キャラバンバスがやってきたタメルンジャーショウ20170226角銅さんと伊豫岡先生


ビジターセンター常連のちびっこさんたちが待ちに待った、「アマミズタメルンジャーZ」がキャラバンバスに乗ってやってきました!
朝から(普段はまだ集まらない時間から)到着を待つちびっこ達の熱気にあふれていました。親子や大人の人達、100人もの人で「アマミズタメルンジャー・ショー」は大盛り上がりとなりました。来てくださった皆様、ありがとうございました。
後半は、樋井川流域治水市民会議の角銅さん、福岡大学の伊豫岡先生による、現在の雨水への取り組みをご紹介していただきました。
プロフィール

野川(世田谷区部)の多自然川づくりを考える連絡会

Author:野川(世田谷区部)の多自然川づくりを考える連絡会
現在行われている世田谷区内の野川河川工事への提言を
多自然川づくりの観点から行っている市民団体のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR